“火遠理”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほをり33.3%
ホオリ33.3%
ホテリ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“火遠理”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここに火遠理ほをりの命、海幸をもちて釣らすに、ふつに一つの魚だに得ず、またそのつりばりをも海に失ひたまひき。
ここに火遠理ほをりの命、そのいろせ火照ほでりの命に、「おのもおのも幸へて用ゐむ」とひて、三度乞はししかども、許さざりき。
『古事記』の記する所に従って之を述べんに、彦火々出見尊或は亦の名火遠理ホオリ命、其兄火照ホテリ命の鉤を失いしによりて、兄神に責められ、海辺に泣き居たりしとき、塩椎神出で来る。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
蛭子ヒルコを入れて流し棄てし葦船、塩椎神シオツチノカミの造りし無間勝間マナシカツマの小船、事代主コトシロヌシ神並びに火遠理ホテリ命の釣魚
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)