“せま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セマ
語句割合
30.7%
24.4%
20.5%
11.5%
4.1%
2.7%
1.8%
0.9%
狭隘0.9%
0.7%
0.5%
0.5%
狭量0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仁右衛門はそれを見ると腹が立つほど淋しく心許なくなった。今まで経験した事のないなつかしさ可愛さが焼くように心にって来た。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
微賤の一僧侶吉宗ぬしの落胤と稱し政府る事急にして其證跡も明かなれば天下の有司彼に魅入られ既にお世繼がんと爲たりしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ただ花の器官に大小広狭、ならびに色彩の違いがあるばかりだ。すなわち最外の大きな三萼片で、次にあるき三片が花弁である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
い家の中は天井裏から床下まで調べあげましたが、搜すものが見付からない先に主人の石卷左陣が歸つて來たのです。それを見ると
「基督も『き門よりれよ』と仰有つたぢやないか、お前達がこんななぞ持つてたら窄い門を入るのに邪魔にならあ。」
百里の遠きほかから、吹く風に乗せられてかに響くと思うに、近づけば軒端れて、枕にぐ耳にもる。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
而も此のい所に鉄の棒や歯の附いた車の様な物が所々に突き出て居る、云わば一種の機械工場とも云う可き光景なのだ。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
しなさい、これを読むと胸がって、なお目が冴えて寝られなくなります。」
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
城内の街の狭隘さは、二人並んで歩くことさえ出来ぬ。凸凹の激しいその道には豚血牛脂流れ出しほとんど小溝をなしている。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
次第に、谷がって来る、水は、大石の下に渦を巻く。深いところは紫を浅いところは藍を流している。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
ひと足遅れてのぼり来る姫の息りて苦しげなれば、あまたたび休みて、う上にいたりて見るに、ここはおもひの外に広く、めぐりに低き鉄欄干をつくり、中央に大なる切石一つ据ゑたり。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
然るを、世の通ぜざるもの、間々これを疑うあり。蓋し又しと謂つべし(謹聴々々)。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
「拙者は余り処世にも気の持ちようにも狭量すぎた。この人達の伊達寛達に学ぶところがある」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なりと雖もる。本句にばず。(老学庵筆記、巻四)
さしった苦しさというものは、勇気を与えるが、それも長く忍んでいると詠歎的になってしまうものだ。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
大統領は、例のねちねちした云い方で、金博士にった。そのとき金博士は言下に応えた。