琴のそら音ことのそらね
「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出過ぎた洋灯の穂を細めながら尋ねた。 津田君がこう云った時、余ははち切れて膝頭の出そうなズボンの上で、相馬焼の茶碗の糸底を三本指でぐるぐる廻しながら考えた。なるほど珍らしいに相違ない、この …
作品に特徴的な語句
いく くそ がえ せま べん じゅう 肥桶こいたご つかえ みつ ぺん ぎゃく 大方たいほう つら せつ たた ほっ おそろ 妄言もうごん とおり なな 明朝みょうあさ ねらい 暗闇まっくら 長座ながざ 夜半やはん おのず あが ふり 折目おれめ うたぐ うけたま ぬれ がた うめ 御父おと 出懸でかか 砂埃すなほこ のば 翌日あす たたり むこう いく きらい はた つら おっと とお 一言いちごん いたり あた そこな にな つか つか かか にく うち こわ たち いそが かなら 明日あした 御菜おかず 見計みはから 御家おうち むか かど 往来おうらい めぐ ひさし ちかい 調理こしら よこ 婆々ばばあ へん 威嚇おど 逆捻さかねじ おおい すか 出殻でがら さみ 面白おもしれ 八方はっぽう うらな 出来でき