“御父”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おとっ44.4%
おと16.7%
おとう16.7%
おとつ16.7%
おんちち5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御父”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あの御父おとっさんの産んだ子だと思うと、厭になってしまう。東京へでも出ていなかったら、貴方あんたもやっぱりあんなでしょうか」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「じゃあの子に御父おとっッさんが何といったい。あの子の方に余計口を利くかい、御前の方にかい」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いやだよ。御父おとっちゃんべい。大きい御馬買ってくれなくっちゃ、あっちへ行かないよ」と答えた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いやだよ。御父おとつちやんべい。おほきい御馬おむまつてれなくつちや、彼方あつちかないよ」とこたへた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
此間御父おとうさんによく考へて見ろと云はれて、大分考へて見たが、矢っ張りことわる方がい様だからことわります。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
御父おとうさんの様に云ふと、世のなかで石地蔵が一番えらいことになつて仕舞ふ様だねと云つて、あによめと笑つた事がある。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「それはさうだけれど、どうも貫一かんいつさんの事が気になつて。御父おとつさんはもう貫一さんに話をすつたらうか、ねえ御母おつかさん」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「そりや、僕もうから、うかするつもりなんだけれども、いまの所ぢや仕方しかたがない。もうすこし待つて呉れ玉へ。其代り君のにいさんや御父おとつさんの事も、うしてかずにゐるんだから」と代助には意表な返事をした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
御父おんちち御母兄上幼き弟皆せたまえるに、家貧にして棺槨かんかくそなえだにしたもうあたわず
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御父おんちち懿文いぶん太子、太祖にぎたもうべかりしが、不幸にして世を早うしたまいぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)