“糸底”のいろいろな読み方と例文
旧字:絲底
読み方割合
いとぞこ90.9%
いとそこ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしたら、うしろで「いやあだ。」と云う声と、猪口糸底ほどのを、らせて見せるらしいけはいがした。
田端日記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
客なき卓に珈琲置いたるを見れば、みなに伏せて、糸底の上に砂糖、幾塊か盛れる小皿載せたるもをかし。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
津田君がこうった時、ははち切れて膝頭の出そうなズボンの上で、相馬焼茶碗糸底を三本指でぐるぐる廻しながら考えた。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)