“絲底”の読み方と例文
新字:糸底
読み方割合
いとぞこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いきなり小判を右手の拇指食指との間に立てて、小口をらすと、錢形の平次得意の投げ錢、山吹色の小判は風をきつて、五、六間先の家光の手にある茶碗の絲底發矢と當ります。