“絲卷”の読み方と例文
新字:糸巻
読み方割合
いとまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京山の(蜘蛛絲卷)にえる。……諸葛武侯淮陰侯にあらざるものの、流言智慧は、いつものくらゐのらしい。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
眞白について、綿がスーツとびると、可愛でハツとげたやうに絲卷にする/\とはる、娘心を、めたさう。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いて手繰られるやうに絲卷からいたが、も、も、一條伸擴がつて、一捲んで
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)