“絲車”の読み方と例文
新字:糸車
読み方割合
いとぐるま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奧山家一軒家に、たをやかなて、白雪絲車かとふ。……しく、しく、しく、心細く、い。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
恍惚とものはしげなをしてをなよ/\とれたやうに、に、絲車𢌞してました。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
うきましたさんが一人爐端留守をして、で、絲車をぶう/\と、藁屋が、ひらがなで音信れたやうなつて、つてると、納戸障子れから
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)