“絲”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方(ふりがな)割合
いと96.7%
ふれいいとをうつ3.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“絲”を含む作品のジャンル比率
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
総記 > 団体 > 博物館100.0%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 武術50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いとからんだ血腥ちなまぐさいものを、自分じぶんくちるといふやうな苦勞くらうまでして
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
おつぎはほりちかくへたがやしてときると與吉よきち竿さをいとがとれてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
単なる機智の話では、例の実母じつぼ裁判などいろいろあるが、原始法医学としては、私は「張挙豬灰ちょうきょちょかい」と「傳令鞭ふれいいとをうつ」の二つを最も興味深く感じている。
探偵小説の「謎」 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)