探偵小説の「謎」たんていしょうせつのなぞ
社会思想研究会出版部のすすめによって、私の随筆の中から、探偵小説のトリックを解説したものを集めてみた。トリックについては、私は別に「類別トリック集成」(早川書房版『続幻影城』に収む)というものを書いているが、これは探偵小説に慣れた人々のため …
作品に特徴的な語句
いるる かい みん 瞞着ごまかし 実母じつぼ 線条せんじょう ごく 弓弦ゆんずる 一寸いっすん 鎌倉けんそう しょう つい ぜん 呪師のろんじ ます 黄泉よみじ ふれいいとをうつ 竪坑たてあな 磔刑たっけい かめ てき 槓杆こうかん 明智めいち わざ ろう 平伏へいふく 嘲笑ちょうしょう 口吻こうふん 受書うけしょ 刺青いれずみ 万力まんりき 疾病しっぺい 癸亥きがい 盛夏せいか たて なが あたい 知嚢ちのう 知己ちき 石榴ざくろ 石鹸せっけん すずり 伽噺とぎばなし 示唆しさ たた まれ 穏当おんとう 窃盗せっとう 窮余きゅうよ 竜図りゅうと たくら 端書はがき 符牒ふちょう 算木さんぎ みの 籠手こて 終焉しゅうえん 絨毯じゅうたん 以而もって 網羅もうら 仔細しさい 云々うんぬん 縊死いし 繃帯ほうたい まと わな 罵倒ばとう はね 翻案ほんあん 耄碌もうろく そび 肝腎かんじん しん 萌芽ほうが 蒐集しゅうしゅう ふた みの わら ひる 蜘蛛くも ろう 際立きわだ 頂戴ちょうだい かばん 離魂りこん 雑踏ざっとう 雑沓ざっとう 障碍しょうがい おちい 陥穽かんせい 陳腐ちんぷ 閨房けいぼう