“絹絲”の読み方と例文
新字:絹糸
読み方割合
きぬいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とのひ、念力で、ましたは、絹絲も、むれて、ほろ/\とれてえさうに、なよ/\として、うつむいてたのであります。
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
づいた白くてかな皮膚を、大胆極まる染模様のように、或は絹絲の乱れる様に、太く細く伝い流れる血潮の縞は、白と赤との悪夢の中の放胆な曲線の交錯は
悪霊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
て、木下さんの柏木の、矢張へて、水掻附元を(絹絲)……とふので想像すると——御容色よしの新夫人のお手傳ひがあつたらしい。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)