“絹地”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぬじ81.8%
きぬぢ18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのは、がさをりてさしてみました。そして、ぎますと、うすい絹地をとおして太陽が、まばゆく、るようながしました。
日がさとちょう (新字新仮名) / 小川未明(著)
私は先年、秋田県の花輪町の物屋んで、絹地にこの紫根染めをしてもらったが、なかなかゆかしい地色ができ、これを娘の羽織に仕立てた。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
慇懃應接うて、先生拜見とそゝりてると、未熟ながら、御覽下さいましとて、絹地大幅く。
画の裡 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
都度御米眞丸けたと、絹地からんど區別出來ない穗芒めて、んなものを珍重するれないとえをした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)