“絹物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぬもの42.9%
おかいこ14.3%
かいこ14.3%
やわらかもの14.3%
シルク14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の考えでは、村で養蚕ができるなら、百姓はその糸をいで仕事着にも絹物の着物を着て行けばいい。何も町の商人から木綿田舎縞や帯を買う必要がない。
が、秘密がわかるのと悪計が胸に浮ぶのとはほとんど同時だった。これだけの店の大旦那と立てられて、絹物ぐるみで遊んでくらせる生涯が、走馬燈のように彼の眼前を横ぎった。
あんな縹緻のいい娘を持ってサ、おれならお絹物ぐるみの左団扇、なア、気楽に世を渡る算段をするのに、なんぼ男がよくっても、ああして働きのねえ若造にお艶坊をあずけて
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
枕頭行燈の影で、ええ、そのが、二階廻しの手にも投遣らないで、寝巻に着換えました結城木綿か何か、ごつごつしたのを、絹物のように優しく扱って、袖畳にしていたのでございます。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どんな絹物でも、この味は出まいと思われるほど、ピッタリと、はち切れそうな身体の線に合って、それがむき出しの肩と、胸についているシイクな桃色のレースの飾りに調和し
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)