“おかいこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
絹布66.7%
絹物33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸育ちの娘というものは少さいうちから絹布おかいこぐるみ、其の上金にあかして芸事を仕込み、これから親が楽を仕ようと思って居るのに、其の恩を忘れ、親を見捨てゝ家出をするような阿魔女あまっちょだから唯は置かれないのだ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
色浅黒く、武者髯むしゃひげ濃く、いかさま悪事は仕かねまじき人物にて、扮装いでたち絹布おかいこぐるみ、時計の金鎖胸にきらきら、赤城というはこの者ならんと泰助は帳場に行きて、宿帳を検すれば、あきらかに赤城得三とありけり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これだけの店の大旦那と立てられて、絹物おかいこぐるみで遊んでくらせる生涯が、走馬燈のように彼の眼前を横ぎった。