“けいこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
稽古95.6%
警鼓1.3%
圭子0.7%
蟪蛄0.7%
眭固0.3%
慶子0.3%
瓊子0.3%
絹布0.3%
脛股0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事定りてのち寺に於て稽古をはじむ、してのち初日をさだめ、衣裳のるゐは是をを一ツのとするものありて不足なし。
警鼓を鳴らして、関門の上下では騒いでいたが、張飛はふりむきもせず、疾風のように馳けて行った。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『そうね。私の方もそろそろ帰ってやらないと圭子も困っているらしいの』と日向さんも言って、それから急に声を低くして
朴の咲く頃 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
十歳を以て短しとするは、蟪蛄をして霊椿たらしめんと欲するなり。百歳を以て長しとするは、霊椿をして蟪蛄たらしめんと欲するなり。しく命に達せずとす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ところが手下の楊醜が、たちまち心変りして張楊を殺し、その軍をったところから大混乱となり、軍の眭固と申す者が、またまた、張楊のといって、楊醜を討ち殺し、人数をひきいて
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「捨ておけまい。史渙、そちの一部隊を、犬山にあてて、眭固を打ち取れ」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
慶子さん!」何処かに在る幻に彼はそう叫びかけた。そしてがばと身を起した。
蘇生 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
上から順に、淳子一彦瓊子稔子である。まことにむずかしい名前ばかりつけたもので、今ならば、区役所で、出生届けを突き返されてばかりいなければならない。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
の方じゃア七歳の時からお母が丹誠して、お絹布ぐるみ、其の上にいろ/\な芸事を仕込んで、これから楽をしようと思っている其の恩義を忘れて、ぬく/\と此方にいる阿魔女も阿魔女だ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
蒼面、乱髪、帯もめず、衣服も着けず、素肌に古毛布引絡いて、破れたる穴の中よりにょッきと天窓を出だせるのみ、歩を移せば脛股すなわち出ず、警吏もしその失体を詰責せんか
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)