“シルク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
曲芸25.0%
絹物25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一己いつこの利益から云へば競争者の無い方がい様な物の、印度インドの本土一般にわたつて日本シルクの販路は無限である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
それでもその顔色はまただんだんに悲しみの色になり、眼には涙を宿して、のちには寝台の上に身を投げ出してシルクのクッションに身を隠すように俯伏うつぶした。
「オオ! 曲芸シルク!」
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ギンガムか、トブラルコか、何かしら木綿のゴワゴワと音のしそうなものだったが、そのくせ着てしまうと、どんな絹物シルクでも、この味は出まいと思われるほど、ピッタリと、はち切れそうな身体の線に合って、それがむき出しの肩と、胸についているシイクな桃色のレースの飾りに調和し、小さい美和子の身体がとても色っぽく見えるのであった。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)