母子叙情ぼしじょじょう
かの女は、一足さきに玄関まえの庭に出て、主人逸作の出て来るのを待ち受けていた。 夕食ごろから静まりかけていた春のならいの激しい風は、もうぴったり納まって、ところどころ屑や葉を吹き溜めた箇所だけに、狼藉 …
作品に特徴的な語句
歯痒はが 稍々やや 悧巧りこう 流暢りゅうちょう 棕櫚しゅろ 凄味すごみ 囲炉裏いろり 袖口そでぐち 眼差まなざ 身悶みもだ 斡旋あっせん なつめ 山羊やぎ 釣竿つりざお 手柄てがら 仄白ほのじろ 権柄けんぺい 立竦たちすく 無沙汰ぶさた 石膏せっこう 危惧きぐ 灰汁あく 窓硝子まどガラス 鳶色とびいろ 小唄こうた 思惑おもわく 強靱きょうじん むし 硝子窓ガラスまど 片頬かたほお 惚々ほれぼれ 瓜実顔うりざねがお 翩翻へんぽん あがな くど 取做とりな 手持無沙汰てもちぶさた 持前もちまえ 焦立いらだ 諒解りょうかい 苛酷かこく 見廻みまわ 可哀相かわいそう 擯斥ひんせき 綜合そうごう 豌豆えんどう 行手ゆくて 貪慾どんよく 出遇であ 片肘かたひじ 牛耳ぎゅうじ はえ 白妙しらたへ 撫肩なでがた けが つちか 大真面目おおまじめ およ 全貌ぜんぼう 蔬菜そさい 身慄みぶる 杜絶とぜつ 豊饒ほうじょう 手毬てまり 参差しんし 闊達かったつ 徽章きしょう 素封家そほうか 迂遠うえん たぼ 彷彿ほうふつ 驀地まっしぐら 狡智こうち 一夕いっせき 大巌おおいわ 大様おおよう 塩辛しおから 美髯びぜん 不甲斐ふがい 吾妻下駄あずまげた 靉靆あいたい 倉皇そうこう 意固地いこじ 蚕食さんしょく 一挺いっちょう 金儲かねもう 愛憐あいれん いつく 款待もてなし 爬虫類はちゅうるい 白蝋はくろう みゃく 角笛ホーン 鬱屈うっくつ 須臾しゅゆ 引掻ひっか 喧騒けんそう