母子叙情ぼしじょじょう
かの女は、一足さきに玄関まえの庭に出て、主人逸作の出て来るのを待ち受けていた。 夕食ごろから静まりかけていた春のならいの激しい風は、もうぴったり納まって、ところどころ屑や葉を吹き溜めた箇所だけに、狼藉の痕を残している。十坪程の表庭の草木は、 …
作品に特徴的な語句
しかし すぐ つか 現金キャッシュ あわ さや 蒸気むしけ いら めん ほっ しぼ おっしゃ 可愛かわ 口惜くちを あら みい すくま どま たお おさ 曲芸シルク まな あわただ はず うた 角笛ホーン しな 仰有おしゃ やっこ うかが なまめ らつ うずく 斑々はんぱん よろこ 藪枯やぶがら いや 白妙しらたへ 款待もてなし しっか きび たず わか 堡塁ほるい たぶらか まく ひろが たた ひと こび 揶揄からか ぬき 赤剥あかむ あか こす へだた 穿うが かな 見惚みほ ひそ まとま おそ 対蹠たいせき 杜絶とぜつ つむ 眼差まなざ いたわ なま はい 歯痒はが はま 儕輩さいはい 幸福しあわせ はれ 蔦蔓つたづる むちう もら さわや 片頬かたほお きれ 馴染なじ 丸呑まるの