“ぎぬ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ギヌ
語句割合
83.3%
6.7%
5.0%
1.7%
1.7%
面帕1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五つ上衣青海波に色鳥の美しい彩色を置いたのを着て、又その上には薄萌黄地に濃緑の玉藻をぬい出した唐衣をかさねていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
どこか神輿めいたところがあって、何となく尊げに見受けられたが、一所に垂れている垂れの模様が、日本の織り物としてはかなり珍らしい。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのは、またいいお月夜でありました。うすのようなをわけて、まんまるのが、まんまんたる緑色大空かびるのを、少年は、ってながめていました。
夢のような昼と晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)
几帳のが一枚上へ掲げられてあって、紫苑色のはなやかな上に淡黄の厚織物らしいのの重なった袖口がそこから見えた。
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)
色ねびし窓の吐息する
深夜の道士 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
面帕のにほひにれて
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)