“しき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シキ
語句割合
57.7%
9.7%
4.5%
3.6%
2.9%
子規2.1%
指揮1.9%
1.9%
仕切1.8%
1.4%
1.1%
為切1.0%
0.9%
四季0.9%
死期0.9%
仕着0.7%
磯城0.6%
史記0.6%
0.4%
志幾0.4%
師木0.2%
石城0.2%
士気0.2%
市気0.2%
志木0.2%
爲切0.2%
0.2%
0.1%
屍鬼0.1%
秭帰0.1%
仕限0.1%
0.1%
信貴0.1%
切劃0.1%
史祈0.1%
四基0.1%
坑内0.1%
坑道0.1%
0.1%
士規0.1%
子旗0.1%
子頎0.1%
幟旗0.1%
0.1%
志岐0.1%
志気0.1%
志氣0.1%
志紀0.1%
志貴0.1%
敷木0.1%
施基0.1%
柹帰0.1%
0.1%
為着0.1%
熟蚕0.1%
0.1%
追敷0.1%
𡀗氣0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにと室を同じうせる四十ばかりの男子ありて、りに妾の生地を尋ねつつ此方の顔のみ注視するなるに、妾は心安からず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
ぽん太はそのころ天下の名妓として名が高く、それから鹿島屋清兵衛さんに引かされるということでりにに上った頃の話である。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
きながありまして、そのが、すと五のようにるのです。なんだろう? といって、案内人もたまげていました。
大根とダイヤモンドの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ああ、に見ゆる観世音の額の金色と、中をって、霞の畳まる、横広い一面の額の隙間から、一条たらりと下っていた。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ツの類型土器各地からるのである。それからへても、大仕掛土器製造したとへる。
東京鳴球氏より郵送せられし子規先生の写真及び蕪村忌の写真が届きしは十日の晩なり。余は初めて子規先生の写真を見て実に驚きたり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
しも船首甲板ける一等運轉手指揮に、はや一水夫等捲揚機周圍つて、の一錨鎖卷揚げん身構
お茶を持つて店へ出て来た晴代も見てゐる前で、木山はりに算盤をぱちぱちやりながら、親方につてゐたが、総てはオ・ケであつた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
それへと云う席を見ると、布団の代りに花毯が敷いてある。無論支那製だろう。真中を六角に仕切って、妙な家と、妙な柳が織り出してある。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
貞「いゝえ私の床は参ってからっぱなしで、いつも上げたことはないから、ずっと遣るとこう潜り込むので、へえ有難う」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と見れば小舎の前で、昇が磬折という風に腰をめて、其処に鵠立でいた洋装紳士のに向ッてりに礼拝していた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この上の壁は中程を棚にて横に為切りあり。そこまで緑色の帛を張りあり。その上に数個の額を掛く。小さき写真の上を生花にて飾りたるあり。
したがって、この第六識はの主人公です。この主人公がシッカリしておればこそ、眼、耳、鼻、舌、身の五識は命じられるままに、よく働くわけです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
景色は、四季かな奧床しい風情である。雪景色い。、もみぢも、も、もとへたい。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
永光寺の開山(名をきゝもらせり)血脉をかのにしづめて化度し玉ひしゆゑ悪竜得脱なし、その礼とてかの墓石にいだして死期す。
家政學のいくたてもびしは學校にてばかり、あけくれりしはいたかぬの風説仕着夜具茶屋へのわたり、派手美事に、かなはぬはすぼらしく
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
吉隠浪柴」は、大和磯城郡、初瀬町の東方一里にあり、持統天皇もこの浪芝野のあたりに行幸あらせられたことがある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
(『史記』黄帝本紀の注に曰く、「死して亡びざる、これを神という。死してらざる、これを鬼という」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
其駁雑り、校訂清書し、豚児京水にしめしもの三巻、書賈じ老人にしに、発販一挙して七百余部り。書肆後編ふ。
「あれは志幾大県主のうちでございます」と、お供の者がお答え申しました。天皇は
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
イクメイリ彦イサチの命(垂仁天皇)、大和の師木の玉垣の宮においでになつて天下をお治めなさいました。
世間の氏々の上は大方もう、石城などして、大門小門を繋ぐと謂つた要害と、装飾とに興味を失ひかけて居るのに、何とした自分だ。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
という声は、たちまち味方の壕塁に伝わった。難攻不落の敵城に対して、かなり長陣の疲れを見せていた味方も、ために一脈の新しい士気を加えた。彼の復帰はそれだけでも大きな意義があった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は毎年の秋に開かれる絵画展覧会を見ての帰り道、いつも市気満々たる出品の絵画よりも、夕陽敗荷の池に反映する天然の絵画に対して杖をむるを常とした。
その後にもう一度、今度は浦和から志木野火止を経て成増板橋の方へ帰って来るという道筋を選んでみた。志村から浦和まではやはり地図にない立派な道路が真直ぐに通っている。
異質触媒作用 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
此處からきますよ、。』と、はイワン、デミトリチにふた。『つてるやうに言付けますから……奈何して這麼眞暗にゐられませう……我慢爲切れません。』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
南洲及び大久保公、木戸公、後藤象次郎、坂本龍馬等公を洛東より迎へて、朝政に任ぜしむ。公既に職に在り、刺客狙撃する所となり、危難りに至る、而かも趨避せず。
生き埋めになるを降りてく朝の唄
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
血をいてをあがれば首を
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
印度、日本等に於て屍神屍鬼、もしくは火車等と称する妖異の内容を検する時は、この種の夢遊行為……すなわち屍体飜弄が誤伝せられたるものなる事を、自然科学
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それからその死骸を丸裸体にして肢体を整え、香華神符を焼き、屍鬼い去った呉青秀は、やがて紙をべ、丹青を按配しつつ、畢生の心血を注いで極彩色の写生を始めた
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
白帝城を出、秭帰を経、この宜都までのあいだ、蜀軍は進むところを席巻して、地方地方の帰降兵を収容し、ほとんど、颱風の前に草木もないような勢いだった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
陸路の軍は秭帰(湖北省・秭帰)あたりまで進出した。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それも、借すほどの田を一人では仕限れないから小作をさせるより却って手間と費用がかかるわけになる。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
公子 津波、家来どもが些細な事を。さあ、そこへお掛け。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その後は和田の岬より古き親近の金剛信貴生駒の諸山に別れてただ我が一心を主として行くこととなりました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
すっと抜くと、に捧げて出て、そのまま、欞子窓の障子を開けた。開ける、と中庭一面の池で、また思懸けず、船が一、隅田に浮いた鯨のごとく、池の中を切劃って浮く。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
頴川の太守、史祈という人がそれを聞いて、彼は妖法をおこなう者であると認め、役所へよび寄せて成敗しようと思った。召されて劉が出頭すると、太守はおごそかに言い渡した。
寛文十一年の正月、雲州松江祥光院墓所には、四基の石塔が建てられた。施主はく秘したと見えて、誰も知っているものはなかった。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
心は直ぐ飛んで、遠い遠い小坂の鉱山へ行つた。物凄い髭面許りの坑夫に交つて、十日許りも坑道の中で鉱車を推した事があつた。真黒な穴の口が見える。それは昇降機を仕懸けた縦坑であつた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
天地は重箱の中を附木でッたようになッてたまるものか。兎角コチンコチンコセコセとした奴らは市区改正の話しを聞くとに日本が四角の国でないから残念だなどと馬鹿馬鹿しい事を考えるのサ。
ねじくり博士 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一瞥いたすに、士規整然として、以前の世評とは打って変った御家政ぶり、近年の隆々たるお勢いも、あるかなと、思いあたってござる
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孔子は、叔魚子木子旗子羔といったような、四十歳前後の門人たちの顔を、しばらく見まわしていたが
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
それに次兄の子頎と云い、三兄の子車と云い、どうして自分の兄弟はこう揃いも揃って悪人ばかりいるのだろう。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
朱い、朱地金襴戦袍朱柄の槍、朱い幟旗を揃えて、八卦吉瑞にかたどって陣列を立て、その中央に、大将曹操をかこんで、一、大地を踏み鳴らして入城した。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「旦那、どうかなすつて、おをさう云ひませうか。」
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
このうちで柄本が家は、もと天草郡を三分して領していた柄本、天草、志岐の三家の一つである。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
が、性の本来は、陽物だから時しも春けて、今ごろとなれば大いにうごく。龍起れば九天といい、人興って志気と時運を得れば、四海に縦横するという
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
〔譯〕を發して食をる、志氣の如し。んで以てを忘る、心體是の如し。の將に至らんとするを知らず、を知り天を樂しむものの如し。聖人は人と同じからず、又人とならず。
その鳥は、とうとう伊勢から河内志紀というところへ来てとまりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
夢野口には——正季をかしらに、天見ノ五郎、中院ノ雑掌俊秀、矢尾ノ新介正春など、多くは日ごろ正季の手に馴れている若い将士を配し、また、丘のふもと、左翼方面へは、志貴一族をさきに立て
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と呼ばれる敷木の上へ、ピッタリ指先を押しあてた。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
道鏡は天智天皇の子、施基皇子の子供であり、天智天皇の皇孫だつた。
道鏡 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
いま諸方の巡警からしらせて来たところによると、関羽は江陵より攻め来り、張飛は柹帰より攻め来り、また、黄忠は公安の山陰から現れ、魏延孱陵の横道から殺到しつつあるということです。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同級生にれてもよい。人の物笑いになってもよい。落着いて自分の心を練って、学問することを考えてもらいたい。人生は競争だとか、戦争の如きものだとか、りに言う。勿論そうである。
今世風の教育 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
戸は開け放して、竹簾が垂れてある。お為着せの白服を着た給仕の側を通って、自分の机の処へ行く。先きへ出ているものも、まだ為事には掛からずに、扇などを使っている。
あそび (新字新仮名) / 森鴎外(著)
成る可く家の厄介になるまいと、医者にも見せず、熟蚕を拾ったり繭を掻いたり自身働いて溜めた巾着の銭で、売薬を買ったりして飲んだ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
皇后宮に悲田と施薬の両院を設け、天下の病者や飢えたる者を救い養われたのは事実である。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「どうでしょう、私も、きょうの夕刻の七時までには、どうしても、生糸の方へ、追敷がなければならない場合ですから、即金ならば、たくさんは困るが、ある程度まで見きりますが」
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
氣息の道を以て、正を存し邪を驅り、病を厭し壽を全うするの事は、佛家にもまた存して居たことで、吹氣、呼氣、嘘氣、呵氣𡁱氣𡀗氣の六氣は天台の智者大師が示した六氣である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)