“史祈:しき” の例文
“史祈:しき”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“史祈:しき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
頴川えいせんの太守、史祈しきという人がそれを聞いて、彼は妖法をおこなう者であると認め、役所へよび寄せて成敗しようと思った。召されて劉が出頭すると、太守はおごそかに言い渡した。