“あな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アナ
語句割合
33.6%
31.7%
12.0%
4.4%
事件2.3%
2.1%
1.9%
1.9%
1.5%
1.2%
1.0%
0.6%
0.6%
孔竅0.4%
洞穴0.4%
空隙0.4%
0.4%
隠家0.4%
阿那0.2%
巣窟0.2%
啊呀0.2%
土窖0.2%
坑道0.2%
容器0.2%
洞窟0.2%
百穴0.2%
空場0.2%
空洞0.2%
0.2%
0.2%
貴方0.2%
0.2%
陥穽0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三度三度の食事だけは、妙なからチャンと差入れられた。それは子供が食べるほどの少量だったので、彼はいつもガツガツ喰った。
見えざる敵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
こうしているうちに、とうとう、仕立屋さんのかんしゃくだまが爆発しました。仕立屋さんは仕立台からきれをつかみだして
鉱山のの闇が不思議の赫きになつて、歎息の声が哄笑の声になる。丸で種類の変つた人間が丸で性質の変つた冒険をするのが面白い。
防火栓 (新字旧仮名) / ゲオルヒ・ヒルシュフェルド(著)
「いや熊鷹じゃろう。あれは意地むさいでな。だがなあ喜惣、この片身はどうあっても、お前にはやれんぞ。あれは、第一なんじゃ」
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ひょっとすると、なにかこの事件にひっかかりがあるかもしれねえなとにらみがついたから、ちょっと右門流の細工をしたまでさ
柳の色の厚織物の細長に下へ萌葱かと思われる小袿を着て、薄物の簡単なをつけて卑下した姿も感じがよくてずらわしくは少しも見えなかった。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)
は、仏体の胎内にでもってあるのか、口はせまく、行くほどに広くなり、四壁には、諸仏、菩薩、十二神将などの像が、りつけられてある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今彼の読んでいるのは、フランツ・カフカという男の「」という小説である。小説とはいったが、しかし、何という奇妙な小説であろう。
狼疾記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
拙者から此石とは馴染なので、この石の事なら詳細て居るのじや、も此石には九十二のがある、其中のの中には堂宇がある
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
腹立ちと失望の凄じさは、もう一度壁の隅の新しきを掘らずにはいられない。今度は手を掛けるとすぐに、あの大きな二匹が洞外へ這い出した。
兎と猫 (新字新仮名) / 魯迅(著)
さいしょ、口腔に固形酒精をいれて、それに火をつけた。まもなく火が脳のほうへまわって眼球が燃えだした。ごうっと、二つのがオレンジ色の火を吹きはじめた。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
昏倒した蘇武に対する胡毉の手当てというのがすこぶる変わっていた。地を掘ってをつくり熅火を入れて、その上に傷者を寝かせその背中をんで血を出させたと漢書にはされている。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
けれどもそれはがちに、自分達て、御米注意にした、故意觀察でないのだから、たまつてされると、るよりはなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
言はれて雲飛仔細孔中ると果して小さな堂宇があつて、粟粒ほどの大さで、一寸ではしてぬほどのものである、又た孔竅計算するとこれ亦た九十二ある。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
この時、銀杏の根もとの辺から、パッと白光が閃めいたが、法蔵寺鈍二兵衛を先に立てて小女郎もお夏も洞穴から出た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
れて、放下たる空隙より踐外して、
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
称す是れ盗魁 匹として蜃気楼堂を吐くが如し 百年の艸木腥丘を余す 数里の山河劫灰に付す 敗卒庭にまる真に幻矣 精兵を潜る亦奇なる哉 誰か知らん一滴黄金水 翻つて全州に向つて毒を
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
いうまでもなく、この足で忍び込むつもりだが、お前は、このまま引ッ返して、隠家で、首尾を待っていなよ。つまらねえ思いつきで、小さい仕事に手を出して、ドジを
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
黄金丸はやや暁得りて、「さてはわが亡親魂魄、仮に此処に現はれて、わが危急を救ひ給ふか。阿那感謝し」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
彼方の山をめつ、「さては今宵彼の洞にて、金眸はじめ配下の獣酒宴なしてれゐるとや。時節到来今宵こそ。宿願成就する時なれ。阿那喜ばしやうれしや」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
あの森の中にはジプシイが住んでをつて、妖女が火掻棒に跨がつて空を翔けまはるやうな晩に限つて、巣窟から出てきて、鉄をつのぢや。
古馴染の愛馬に対する憐愍の情に堪へなかつたのぢや!『どんな馬でも一頭、手前たちの巣窟から選り出してくれえ!』
これにめいたものであろう、啊呀わし、よみじの(ことづけ)をめたる獅子を、と見る内に、幼児は見えなくなった。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小学校の運動会で、父兄が招かれる。村の恵比寿、白米五合銭十五銭の持寄りで、夜徹の食ったり飲んだり話したりがある。日もいよ/\短くなる。甘藷や里芋も掘って、土窖わねばならぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
地中の薄汚ない坑道の中で、地層だけを見詰めて歳月を送っては、人間の生活だかもぐらもちの生活だか判らないという惨めさに、もう我慢出来なくなったり、またいつ先方から襲撃されるか
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
食べ終ると、船頭は容器の中に指をつっこんでなでまわし、その指についた汁をなめた。
えぞおばけ列伝 (新字新仮名) / 作者不詳(著)
「どうだ、ステツィコ、てつきりあれは、洞窟魔法使のところへ忍んで行くやうだなあ?」
鴻巣にいたりて汽車を棄て、人力車を走らせて西吉見の百穴に人間のをしのび、また引返して汽車に乗り、日なお高きに東京へ着き、我家のほとりに帰りつけば
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
(構いやしない。)と仰有るし、そこはね、大したお目触りのものではなし……あの通りの大入で、ちょっと退けようッて空場も見つからないものですから、それなりでお邪魔を願ッておきました。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ステッキの空洞の中へ、宝石類を入れながら
探偵戯曲 仮面の男 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
廣大無邊の旋渦の爲、朦朧として絶えず輪轉する波の上、を脱け飛んだ眼球や燐の光を放つの殼が浚はれて浮きつ、沈みついてゐる。
さしあげた腕 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
そんな事は貴方た男だから女だからのって事はありゃあしません。
千世子(三) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
がち、ぬるうら。
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
そこはある半羊神が百万の富者になり卑しいチュルカレーがプリアプ神になったという話しにふさわしい、淫猥陥穽だった。