“菩薩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼさつ94.9%
ボサツ2.6%
ひと1.3%
ぼさち1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花によって荘厳されているということで、仏陀への道を歩む人、すなわち「菩薩」の修行をば、美しい花にえて、いったものです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
併し、残された刀自・若人たちの、うちる画面には、見る/\、数千地涌菩薩の姿が、浮き出て来た。其は、幾人の人々が、同時に見た、白日夢のたぐひかも知れぬ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
れた智慧をもっている菩薩は、し生死をつくすに至るまで、に衆生の利益をなして、しかも涅槃にかず」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
されど戸障子のはづるる音にや、あまりにおそろしき音すれば、物も覚えず。今の間に家も崩れ、有限の人こゝにて死ぬらむかと、目を閉ぢつつ、大慈大悲の観世音菩薩と声高う唱へぬ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)