いさましい ちびの仕立屋さんいさましい ちびのしたてやさん
ある夏の朝のことです。ちびの仕立屋さんが窓ぎわの仕立台にむかって、いいごきげんで、いっしょうけんめい、ぬいものをしていました。 すると、ひとりのお百姓さんのおかみさんが通りをやってきて、 「じょうとうのジャムはどうかね、じょうとうのジャムは …
作品に特徴的な語句
おっと がい ぬの つの とびら はら うん 一生いっしょう 上着うわぎ 世界せかい 世間せけん 両腕りょううで 丸焼まるや くらい 使つか しん かたな 刀持かたなも 勇気ゆうき 半分はんぶん 口笛くちぶえ いのち 地面じめん しろ かべ 夜中よなか ゆめ 大力だいりき 大枝おおえだ きさき つま ひめ 婚礼こんれい きゃく 家来けらい 寝室しんしつ 寝床ねどこ 小僧こぞう 小唄こうた 小鳥ことり 岩屋いわや おび 平和へいわ みき にわ 弱虫よわむし やく 後悔こうかい 心臓しんぞう 心配しんぱい 忠告ちゅうこく 忠義ちゅうぎ いき 悪事あくじ 意見いけん 戦争せんそう えだ ぼう 横町よこちょう ころ 注文ちゅうもん 満足まんぞく 爆発ばくはつ 狩人かりゅうど 猟師りょうし 百姓ひゃくしょう 相手あいて かみ あな まど 約束やくそく むね 自由じゆう ふね ちゃ 荷物にもつ 豪傑ごうけつ 軍勢ぐんぜい 野郎やろう てつ 鉄砲てっぽう 陽気ようき