“漢書”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんじょ85.7%
かんしよ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漢書匈奴伝には、その後、李陵の胡地でけた子が烏籍都尉を立てて単于とし、呼韓邪単于に対抗してついに失敗した旨が記されている。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
漢書』には「蘭ハ香シキヲ以テ自ラ焼クナリ」と書き、『西京雑記』には「漢ノ時池苑ニ蘭ヲ種ヱテ以テ神ヲ降シ或ハ粉ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メヲ辟ク」
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「この下物、一は漢書、二は双柑、三は黄鳥」といふ洒落た文句で、よしんば一つ無かつたにしろ、酒はうまく飲ませたに相違ない。