海豹と雲かいひょうとくも
風格高うして貴く、気韻清明にして、初めて徹る。虚にして満ち、実にしてまた空しきを以て、詩を専に幻術の秘義となすであらう。 鳥の翺る、ただに尋常の行であらうか。海豹の水に遊ぶ、誰かまた険難の業とのみ判じよう。雲は太古にして若く、波は近う飜つて …
作品に特徴的な語句
すわり あな かを もはら かをり うつ あひ いつ いただ 新墓にひばか きほ かう たを すが こご わざわひ やは こふのとり めつ かづ いろと そり ライグル ふた 水棹みづさを 水禽みづどり ことば グリーン あや ししむら くわう わらはべ さや いら 常久とことは おら 甘藍キヤベツ しづ 万象よろづ あつ ちひ 賓客まろうど すがた しゆ 木菟づく とほ なれ ぞう はた かな かを あせ とも かそ 雉子きぎし さいはひ たひら いはほ 山河やまがは 家屋チセ むろ さを たへ やつこ さを おも くび 精霊いきすだま しみ 和魂にぎみたま 両脚もろあし むな 水気すゐき 御身みみ たい おこ 野路のぢ をさな くう