“災”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わざわい48.1%
わざわ20.3%
わざはひ12.7%
さい7.6%
わざは3.8%
とが2.5%
わざわひ2.5%
やく1.3%
ワザワイ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天の与える物を取らずんば、その身に及ぶということがありましたね、あのがんりきというイケすかない野郎の手をかりて、ウブで
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
いが、どこにひそんでいるかわからぬ、といったような感じが、そんなことから、いつとはなしに、彼の胸に芽生えはじめていたのである。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
彼女が、いま五年後にそのを思ふ時、痛みは古く思出の淡いことを恐れた。自分の災は新らしい、自分の痛みは新らしい。
三十三の死 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
之に遇えば物に害あり。大厲門に入りて晋景歿し、妖豕いて斉襄す。をなし、をなす。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
けれど、結果はやはり二手損がひして、坂田は木村に圧倒的に攻められて、攻撃に出る隙もなく完敗してしまつたのだ。
聴雨 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
あまりにつらきそ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
朕薄徳を以て重任けたり。未だ政化をめず寤寐にも多くづ。の明主は皆先業をくしてかに人楽しみ除かれ至れり。何の政化を修め能く此の道をさむ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「馬鹿にしている、こんなものをつくりあがって!」と私達を罵り、思わず癇癪の拳を振りあげてこのブロンズ像の頭をりつけて、突き指のい、久しい間をしていたことがある。
ゼーロン (新字新仮名) / 牧野信一(著)
にも——キ人ノハ人ミナ惜シミ、好悪ニナキハ人ミナカル——とある通り、天の救いといえるものか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)