“薜”の読み方と例文
読み方割合
せつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
之に遇えば物に害あり。大厲門に入りて晋景歿し、妖豕いて斉襄す。をなし、をなす。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
孟公綽は、たとい家や家のような大家であっても、その家老になったらりっぱなものだろう。しかし、のような小国でも、その大夫にはなれない人物だ。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
れ幽明の異趣、詭怪の多端、之に遇えば人に利あらず、之に遭えば物に害あり。故に大厲門に入りて晋景歿し、妖豕に啼いて斉襄す。禍を降し妖をなし、を興しをなす。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)