“せつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セツ
語句割合
41.4%
23.4%
11.7%
10.5%
4.2%
1.2%
0.9%
0.9%
0.6%
0.6%
季節0.3%
0.3%
天象0.3%
0.3%
0.3%
念々切0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
遣切0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふみすぎにけり、で杉を使ったなどは随分せつない、歌仙の歌でも何でも有りはしない、音律不たしかなのような歌である。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
嘉永版の『東都遊覧年中行事』にも、『六月朔日賜氷御祝儀、加州侯より氷献上、おりを町家に下さる』と見えている。
顎十郎捕物帳:08 氷献上 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
敬太郎は真面目になって松本恒三様の五字をめたが、ったりのない書体で、この人がこんな字を書くかと思うほどらしくできていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
瘠我慢は、福沢先生が明治二十四年の冬頃に執筆せられ、これを勝安芳榎本武揚の二氏に寄せてその意見をめられしものなり。
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名) / 石河幹明(著)
非局部性大地震のある海洋底した海岸地方は、大搖れの地震見舞はれた場合津浪についての注意する。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
第二の妙は初齣をゆること一等なりき。これヂドとエネエアスとの對歌なり。ヂドは無情なる夫のせめては啓行の日をうせんことを願へり。君が爲めにはわれリユビアの種族をめき。
思うに、ここの味方内から離反者が簇出したばかりでなく、いったいにわたる日和見的な武族もまた
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孟公綽は、たとい家や家のような大家であっても、その家老になったらりっぱなものだろう。しかし、のような小国でも、その大夫にはなれない人物だ。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
(略)菩薩薩摩の薩は字原なり博愛堂『集古印譜』に薩摩国印は薛……とあり訳経師仮釈にて薛に二点添付したるを元明より産の字に作り字典は薩としあるなり唐には決して産に書せず云々
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
臧文仲は、諸侯でもないのに、国の吉兆を占うをもっている。しかもそれを置くには山の形を刻み、には水草の模様を描いているが、それは天子の廟の装飾だ。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
から丁度季節五月中旬晴朗正午時分であつた。
甲板ると、弦月丸昨夜にカプリぎ、はリコシアの進航してる、季節は五中旬からずからぬ時※ふるに此邊風光宛然たる畫中
中には狂歌狂句俗謡の類で、文字のに亘つたものが夾雑してゐた。女のしかけた恋だと云ふ故であつたらしい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
同遊者の渋江六柳は抽斎である。小野抱経富穀である。抱経と号したには笑ふべき来歴があるが、事のに亘るを忌んで此に記さない。石川二貞白であらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、さつと降出した、停車場いたで——天象くだしである。字義拘泥する次第ではないが、したやうに、夕暮かつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
殷の方はの母が玄鳥の卵を墮すを拾つて食べたので姙娠し、契を生んだといふ話があり、周の祖后稷は、其母が野に出て巨人の足跡の拇を踏んで、其れに感じて姙娠して生れたと謂はれてゐて
女真種族の同源伝説 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
熊楠諸国を遍歴して深く一をも破壊するてふ事の甚だ一国一個人の気質品性を損するを知り、昼夜奔走苦労してその筋へ進言し、議会でも弁じもらい、ついに囹圄わるるに至って悔いず。
ただ一翳眼にって空花乱墜するが故に、俗累覊絏牢としてちがたきが故に、栄辱得喪のわれにる事、念々切なるが故に、ターナーが汽車を写すまでは汽車の美を解せず
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
東に召すと東に徙るとは分明に二をなしてゐる。わたくしの読むことが精しくなかつたと謂はなくてはならない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
奏する所の曲は「タツソオ」にして、なる女優はドニチエツチイといふものなりき。一るごとに、客の喝采してあまたゝび幕の外に呼び出すを、愛らしき笑がほして謝し居たり。
「広岡は泊った、それで……」
日本婦道記:尾花川 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
、両、各省の軍管区から選抜された「飛天神兵」と呼ばれる精鋭隊があると——これまた戴宗のりによって分っていたからだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いよ/\る。群臣は帝に勧むるにするを以てするあり、湖湘に幸するにかずとするあり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
古典には、、というようないろいろな名前で書いてあって、疲労をいやし、精神をさわやかにし、意志を強くし、視力をととのえる効能があるために大いに重んぜられた。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
穴の中の恐ろしさ苦しさも、今妻の不義を見せつけられたなさに比べては、物の数ではなかった。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
アンマリ立派な話じゃ御座いませんので……あの時のような遣切ない事はありまっせんじゃった。今まで誰にも云わずにおりましたが……懲役に遣られるかも知れませんので……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いわんや北国の世界はほとんど一年の三分の一を白き物の中に蟄居せざるべからざるや。ことに時候を論ぜざる見世物と異なりて、渠の演芸はおのずから夏炉冬扇のきらいあり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)