“字義”の読み方と例文
読み方割合
じぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あめが、さつと降出ふりだした、停車場ていしやばいたときで——天象せつはなくだしである。あへ字義じぎ拘泥こうでいする次第しだいではないが、あめはなみだしたやうに、夕暮ゆふぐれしろかつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
越後の紵商人をあきんどかの国々にいたりてをもとめて国にる、を此国にてもそといふは古言こげん也。あさを古言にそといひしは綜麻へそのるゐ也。あさ字義じぎはおなじくぬのおるべきれうの糸をいふ也。
たゞ彼等の好奇心かうきしんが募つたのである。それは特に二人の婦人たちのことだと私は云ふ。セント・ジョンの眼は字義じぎ通りいかにも澄明であつたが、比喩的に云へばその眞意をはかり兼ねるものであつた。