“古言”の読み方と例文
読み方割合
こげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田舎言葉には古言のまゝをいひつたへてむかしをしのぶもあれど、清濁をとりちがへて物の名などのかはれるも多し。
抽斎は古文尚書の伝来を信じた人ではないから、これを以て堯の舜に告げたとなしたのでないことは勿論である。そのこれを尊重したのは、古言古義として尊重したのであろう。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
一同はいまさらながら、天網恢々にしてらさずという古言を味わった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)