“田舎言葉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いなかことば75.0%
ゐなかことば25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やのおはどこだか? がつれていってやるだ。」と、おじいさんは田舎言葉でいいました。
雪の上のおじいさん (新字新仮名) / 小川未明(著)
さんは、自分がよく思われてることを知ってるので安心して、修道院長様の面前で、かなりごたごたしたしかもきわめて意味の深いおしゃべりを田舎言葉でやり出した。
田舎言葉には古言のまゝをいひつたへてむかしをしのぶもあれど、清濁をとりちがへて物の名などのかはれるも多し。