雪の上のおじいさんゆきのうえのおじいさん
ある村に、人のよいおじいさんがありました。ある日のこと、おじいさんは、用事があって、町へ出かけました。もう、長い間、おじいさんは、町に出たことがありませんでした。しかし、どうしてもいかなければならない用事がありましたので、つえをついて、自分 …
作品に特徴的な語句
さい つれ 帰途きと うえ ぐも ぐら めん れつ ゆび いそ ぬの くだ なか 歩調ほちょう 今日きょう 物悲ものかな あたま れい さき ひか おと はい ぐち にち あいだ ほう かよ よる へん きゅう いえ はら たい いそが くる はな 巡査おまわり ひだり 左右さゆう おぼ しん ねん 年寄としよ 幾人いくにん つよ だま なみだ 無理むり ひと よう 用事ようじ おとこ まち つか しろ 目先めさき れい いの わたし そら わら ふえ こた いと むらさき 継母ままはは かんが たがや むね 自分じぶん 薄情はくじょう 行儀ぎょうぎ あお かく はな ゆき 音楽おんがく へだ