“天象”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんしょう80.0%
せつ10.0%
てんしやう10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「易といっても、わしのは心易、いや霊易といおう。地相、水相、また、天象など考えあわせ、じっと、目をつむったら、あの山に行けとが出た」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、さつと降出した、停車場いたで——天象くだしである。字義拘泥する次第ではないが、したやうに、夕暮かつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
天象の觀測者は星辰樞軸を求めて、ヘルクレス、ハルキュオオネを見出し又の星宿が
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)