“卦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
94.1%
2.0%
くわ2.0%
2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうしたのでしょう。今日に限って、不吉なが出ました。なんとか口実をもうけて、ご出席は、お見合わせ遊ばして下さいませ」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おどろいてはいけません、それは穴山梅雪の身の上でした。ところで、をかえして見ますると、つまり裏の参伍綜錯して六十四変化をあらわします。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
易の理論は何も知らず、内がどうとか外がかうだとか予備知識をすこしも持たず、ただ教へられたまま熱心にやつてみた。
地山謙 (新字旧仮名) / 片山広子(著)
が、此は、卜のの示現する様式の一つらしい。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)