“損卦”の読み方と例文
読み方割合
そんけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かる話なら聴くだけでも結構という流儀。その代り損卦の相談には忽ちになって、トンチンカンの挨拶で誤魔化すという。これもしかし当時の商人気質を代表した人物であった。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)