“くわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クワ
語句割合
16.7%
13.6%
13.3%
11.3%
10.2%
10.0%
5.6%
3.4%
2.7%
2.2%
2.1%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
𠼫0.1%
0.1%
0.1%
區分0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
委曲0.1%
委細0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
精通0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
詳細0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、いうことは素気ないが、話を振切るつもりではなさそうで、肩をりながら、を返してについてこっちの顔を見た。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ああ、しくここに写さんも要なけれど、余が彼をづる心のにわかに強くなりて、ついに離れがたきなかとなりしはこの折なりき。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
反物片端を口にへて畳み居るものもあれば花瓶菖蒲をいけ小鳥に水を浴びするあり。彫刻したる銀煙管にて煙草呑むものあり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
しく云うと、暇がかかるから、このくらいで御免蒙って先へ進みます。現代の理想が美でなければ、善であろうか、愛であろうか。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
医者は病人の様子を見て、脈を取って今血をいたばかりのところだから、しい診察は出来ないと云って、色々養生の事を話した。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
おまけに一人の親仁なぞは、媽々衆行水の間、引渡されたものと見えて、小児を一人胡坐の上へ抱いて、雁首俯向けに煙管
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼女らの指につれて、人々は、しそうな眼をみな帆柱の上へやった。暗褐色の小さい怪物が、銀の鎖をえて、そこに、丸まッていた。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
うるに羨望嫉妬の念をてして、今度は政府の役人達が狙われるようになって来て、洋学者の方はに楽になりました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
さういふ点で江戸期の釣書にはキスやボラの釣場、海図などをしく説明し、先づ東京湾の半分は探査が行き届いてゐる。
日本の釣技 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
と、口にえていた帯締を取って中へ通したが、そうしてきちんと締めてしまうと、又その帯もキュウキュウ云い出した。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
一は、勇気して、けてはいっていきました。ろうとすると、しきったが、ぽとぽととちました。
芽は伸びる (新字新仮名) / 小川未明(著)
てに共通した手法方針は、由來化物形態には何等不自然箇所がある。それを藝術自然さうとするのが大體方針らしい。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
うしませう」といた。宗助再度打撃らしくけた。たいになつて、其灰する一口愚癡らしい言葉さなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
藻西太郎も初めの中はでしたか手をえ品を変えて口説かれるうちにはツイ其気になり、に又商売は暇になる此儘居ては身代限り可愛い女房もし兼る事に成るし
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
煙管えて人の顔を見ている売卜者やらが、通りすぎる秋蘭の顔を振り返って眺めていた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
おそらく、枝から風にゆられて、落ちてきたのでしょう。これを見つけた犬は、今にもその子雀をえようとします。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
わたくしはよりして前を顧み、よりして因を推し、錦橋瑞仙のを信任することが稍過ぎてゐたのではないかと疑ふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「悪かった! 途中で出っしたか。ウウム、こういうことになるなら、知らせておくんじゃなかったのに」
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二者の関係は後でしく申上げることにします。とにかくこのオモロを見てもこれらの覡が当時宮中にまで出入していたことがわかります。
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
「おお!」と旧知にでも出っしたかのように、外函をでてみ、内函との寸分の隙間もない接触工合を調べてみ、一本の鋲や釘も使わぬめ木の肩を叩いてみ、容器その物に
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
チユウスデー 曜日
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
きみ、えてはいけないと。あの毒は大変です、その卵のくッついた野菜を食べると、血を吐いて即死だそうだ。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分自分仕事をしてたくてならない矢先へ、出身で、小規模ながら專有工場月島邊てゝ、獨立經營をやつてゐる先輩出逢つたのがとなつて、先輩相談
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
就中河間王深居邸結構華麗たるものにして、高陽王ひ、文柏堂造營す、なること帝居徽音殿相齊し、清水玉轆轤き、黄金るに
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
『曾我物語』にはこの事を敷衍して李将軍の妻孕んで虎肝を食わんと望む、将軍虎を狩りてれ死す、子生れ長じて父の仇をめ虎の左眼を射
青竜も海に入ったが玉をえ出で猟師に近づき吐き置いて海に入った、その玉を取りて家に返りしより諸財心に任せ出で来て富に飽き満ちたというのだ
この積上げられたる雑具に、いつでも烟管えて寐辷っているのは、った兵隊上りの、めた徽章いてる軍服始終ているニキタと小使
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
僕は二年生か三年生かの時、矢代幸雄久米正雄二人と共にイギリス文学科の教授方針を攻撃したり。場所はの学士会館なりしと覚ゆ。僕等はを以て衆にあたり、大いに凱歌を奏したり。
その頃の赤門生活 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
を、大小つてねらひにくるが、かけさへすれば、すぐにかゝる。また、同國で、特産として諸國する、鮎釣の、あの蚊針は、すごいほど彩色昆蟲してる。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
下は大床より上は天井に至るまで、立錐の地をさゞるこの大密畫は、即ち是れ一の寶玉にして、堂内の諸畫は悉くこれをめんがために設けし文飾あるたるに過ぎず。
私は周防の国でこれが使用されるのを見た。この形は犁がの進化したものであるというイー・ビー・テイラーの説を裏書している。
彼等はみなやシャベルを持ち、また我々が見つけた物を何でも持ち帰る目的で、非常に大きな四角い籠を持って行った。
墓掘り人がで土をすくうのに一心になって気づかないうちに、彼はうしろからそのポケットの中に手を差し入れて、底にある白いものを引き出した。
フォーシュルヴァンはを取り、ジャン・ヴァルジャンは鶴嘴を取り、二人して空棺を埋めた。
今にりて死せず、た父兄今日の累を致す、不幸の罪、何を以てかこれにえん。れども今日の事は、皇家の存亡に関わり、吾が公の栄辱にわる、万々休すべからず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
執事幸いに明察を垂れ、請う所を許諾せられなば、何の恵かこれにえん。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
野のところどころにはこんもりとした森があって、その間に白堊の土蔵などが見えている。まだを入れぬ田には、げんげが赤い毛氈を敷いたようにきれいに咲いた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
路のほとりに軒のむいた小さな百姓家があって、壁にはや古いなどがかけてある。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
八千矛の神のみことは、とほ/″\し、高志の国に、をありと聞かして、をありとして……
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
だから、の家に、奴隷になって住みこんだびともあった。娘の父にこき使われて、三年五年、いつか処女に会われよう、と忍び過した、身にしむ恋物語りもあるくらいだ。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
水の中からステッキをも𠼫えて参るでしょう。
尻尾𠼫えてくるくる廻る小猫のように
錫紙巻きたる、美しきすみれの花束、きらきらと光りて、よもに散りぼふを、き物得つと狗、踏みにじりては、へて引きちぎりなどす。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
孔子対えて曰く、子、政を為すにんぞ殺すことを用いん、子、善を欲せばち民善からん、君子の徳は風なり、小人の徳は草なり、草はこれに風を(加)うるとき必ずす。(同、一九)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
これが毎年くりされると、その一年ごとに生長した部分だけが、になつて區分けがつくのです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
易の理論は何も知らず、内がどうとか外がかうだとか予備知識をすこしも持たず、ただ教へられたまま熱心にやつてみた。
地山謙 (新字旧仮名) / 片山広子(著)
また、ただ鶯といわずに、青柳の枝をえている鶯というのだから、写象もその方が複雑で気持がよい。その鶯がうれしくて鳴くというのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
善男信士輩、成湯の徳は禽獣に及びこの女将の仁は蛙をおすと評判で大挙して弔いに往ったは事実一抔されたので、予が多く飼うカジカ蛙が水に半ばんで死ぬるを見るに皆必ず手を合せて居る。
ソレカラ又家に客を招く時に、大根や牛蒡を煮てせると云うことにて、必要があるから母の指図に従て働て居た。所で私は客などがウヂャ/\酒をむのは大嫌い。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
背後からおえいの髷をえてへ引倒して、花嫁の美くしゅうてりとお粉粧をした顔を馬がモリ/\ッと噛みましたから、これは全く馬が多助のを討ったようなものでございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
某年に飯田安石が此に加はつた。安石は朝急いで塾を出る時、脇差が見えなかつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
実は私も委曲しい事は知らんがなあ。お目付の松倉さんから聞いた話を受売りするとなあ……豊後の日田という処は元来天領で、徳川様の直轄の御領分じゃ。
一ツは面倒な材木委細しい当りを調べたのやら、人足軽子そのほかさまざまの入目を幾晩かかかってようやく調べあげた積り書
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大佐によると、海賊島云々風聞實際で、海賊仲間強國とのに、一種密約しても、海事しき船員社會には、公然秘密となつて
義男はその爲に毎日出て行くある群れの塲所にゐても絶へず苦笑を浮べてゐなければならない樣な、い刺戟にすのであつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
説文には「从木雩声、読若華」、は「从木虖声」と云つてある。字典は樗のに集韻を引いて「又作㯉、丑居切」と云ひ、㯉の下には只「同樗」と云つてゐる。文字を知つた人の教を受けたい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
猶子屏風て、牡丹叢ひ、ふことをさず。にあり。四方り、び、れてす。紫粉白粉らしるのみ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
世に銃火器に精通しい者、明智に次ぐは滝川なり、という定評のあった過去を今も忘れてはいない。かたがたその城庫には多量な矢石火薬の蓄蔵も必至と見られたので
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いでまして夕むかへむ御轍にさざんちりぬ里あたたかき
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
掌上の菴摩羅を視るが如くなるにあらずんば、是の如き説の當否を判ずること能はざる譯であるが、餘りに格套的に某の歳は某の氣行はるゝといふのは、信じ難くもあり、事實にも符し難い。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
三千の頭の法師山を出づこれは王法興隆の為め
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
それで私は、その関係を、出来るだけ詳細しく話しました。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
領主 曲事ゆゑに、即刻追放申附くる。汝等偏執予等までも卷込まれ、粗暴鬪諍によって血族血汐した。わが不幸汝等にもます、きびしい科料さうずるわ。