みれん
黄昏時がもう近くなった。マリイはろは台に腰を掛てから彼此半時ばかりになる。最初の内は本を読んでいたが、しまいにはフェリックスの来るはずの方角に向いて、並木の外れを見ていたのである。それが今立ち上がった。こんなに長く待たせられた事はない、陽気 …
作品に特徴的な語句
かぶさ いっ 面紗ヴェエル いき あたたま ひややか だい おっし うめ 此方このかた かむ とめ かい 可哀かわゆ 昼食ひるしょく あかり 大空おおそら ゆるや しょ さし うず しめ 目附めつ ふれ すみ ねむ こぼ こなし くう 周囲しゅうい はた 微笑びしょう 朝食あさしょく ばく じつ かす はず 珈琲コオフィイ にぎわ かがや 如何いかが ゆだ くびす こら こと たくまし かまびす たち のど うしろ 咳嗄しわがれ しず 褒詞ほめことば 金色きんしょく ベル さお 憐憫れんみん かえっ つくえ にお こまか つけ 水底みずそこ 活栓コック しに 顫声ふるいごえ つもり こしかけ らく 笑顔わらいがお くれない 乾燥ひから きび うっ おそ さす ばん れい 上掛うわが たん ゆか だれ にぎや かすか すぐ しつ