ユタの歴史的研究ユタのれきしてきけんきゅう
私は昨今、本県の社会で問題となっているユタについて御話をしてみたいと思います。「ユタの歴史的研究」!これはすこぶる変な問題でありますが、那覇の大火後、那覇の婦人社会を騒がしたユタという者を歴史的に研究するのもあながち無益なことではなかろうと …
作品に特徴的な語句
めー 御座ましま はる めしや くわ えぢき ぢや おほ 大蛇おほぢや しょう づく 御願おねげ たか 平等ひら 御神んちゃんてぃ 神人かみんちゅ 東方あがりかた みずか 南風はえ 御主おしゆ 御嶽おたけ 御殿おどん 御為おだめ わが 昨年こぞ あら だに 今日けふ にし 国頭くんじゃん あざ いそ 按司あんず 摂政せっせい どき 果報かほ 殿内どんち をさ 首里しゆり 世替よがわり 中頭なくがみ 儀保ぎぼ 内間うちま 冊封さっぽう 出来でき ふき まじな 大主おほぬし 小禄おろく ひき 御主おしゅう 斎場さやは 根人ねっちゅ 根神ねがみ じに 殿内どのち 浦添うらそい ため 真壁まかん おき 頭取かしらどり 首里しゅん 高札たかふだ 一瞥いちべつ あずか 世謡ユーウテー うち 久米くめ 久高くだか 事拝ごとをが 今年ことし 仕置しおき 伊祖いぞ 八巻はちまき 冠船かんせん 刹那せつな 占方うらかた 厨子ずし およ いのち 天道てんとう 安里あさと 尚円しょうえん 尚敬しょうけい 尚泰しょうたい 尚清しょうせい 尚温しょうおん 尚真しょうしん 尚穆しょうぼく 屋蔵やぐら