“くは”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クハ
語句割合
27.6%
13.7%
10.8%
10.1%
8.2%
6.5%
6.5%
3.1%
2.2%
2.2%
1.9%
1.4%
1.0%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
委細0.5%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
詳細0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故に私がこんな風な行動を取つたかをもまた、十分にしく説明した。ダイアナとメァリーは隔意なく私の處置に賛成してくれた。
引摺つて、ながらなさうなをする、蟋蟀𢪸がれたへてくのをるやう、もあてられたものではない。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
がそれをると、子安貝ではなくて古糞でありました。中納言はそれきりたず、氣病みもはつてんでしまひました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
さうなると、もう悪魔の宝なんかはどうでもよく、元の人間の姿になつたのがうれしくて、や帽子も打捨てゝ帰りかけました。
悪魔の宝 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
純吉は、湯の中に仰向けの儘煙草をえて、悠々とし始めた。静かな朝だつた。煙りはゆらゆらと立ち昇つて、天井に延びた。
明るく・暗く (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
索搜密々呼出し千太郎に小夜衣よりの言傳しく語りおいらんは明てもても若旦那の事のみ云れて此頃はてばつかり居らるゝを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これを掘らせたのは吉太郎とお富の細工で、草之助はその密計を聽いて、嫉妬のお島殺しを便乘させたのだと、後でしくわかりました。
猫の方は猫で、相変らず蛙をへて来て、のつそりと泥だらけの足で夕闇の座敷をうろついて居た。彼は時にはそれらの猫を強く蹴り飛ばした。
それもんだ晝顏に一いではてゝ疾驅しつゝからりとしたはれることもるのであるが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『ハ? ハ。それア何でごあんす……』と言つて、安藤はと秋野の顔色を覗つた。秋野は黙つて煙管をへてゐる。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
なりとせ我を癩病になし妻子親族にませたり故に餘儀なく我古郷を立去て原の白隱禪師の御弟子となり日毎に禪道教化
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
せろ!』と銀之助は忌々しさうに言つて、白布けてある長方形の食卓の前にドツカとはつた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
段々とて娘を賣て十八年以前なる傍輩の恩金を返さんと思ふよししくしければ利兵衞も其の志ざしを深くそく承知なし即ち判人となりて新藤の娘を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よくそんなに變なことにすんだね、俺なんか當り前のことで飽々してゐるよ。借りた金は返さなきやならないし、時分どきになれば腹は減るし、遊んでばかりゐると、女房は良い顏を
ポプラ葉のかがやく見れば常ながら空のあなたよ見のしかも
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
積上げられたる雜具に、でも烟管へて寐辷つてゐるのは、つた兵隊上りの、めた徽章いてる軍服始終てゐるニキタと小使
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
えたパイプの雁首をぽんとはたく。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「なにコツペエが亡くなつたつて。まあ、此方へ通つて委細しく話して聞かせて下さい。」
も丑松の目に触れたは、式の始まるといふ前、しく読む暇も無かつたから、其儘懐中へ押込んで来たのであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
『あの演説の筆記を見たら、猪子先生の書いたものを読んで見たくなつた。まあ君はしいと思ふから、其で聞くんだが、あの先生の著述では何が一番傑作と言はれるのかね。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「弱つた! 君がああして取緊めてくれたのは可いが、この返報に那奴どんな事を為るか知れん。明日あたり突然差押などをせられたららんな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そんな事が営業の魂などとは……! へば間が災難につた。あれは先は二人で、しかも不意打をしたのでせう、貴方はあの所業を何とお考へなさる。男らしい遺趣返の為方とお思ひなさるか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
怜悧な玉ちやんは聞耳を立てて、を置いて立つて、唇のところに指を當てて、可哀い大い目を睜つて、二親を見比べてゐる。指をへてはならぬと、博士が教へてゐるので、㘅へはせぬのである。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
その時のつもりは、いつかここへ寫生に來たいとおもつてしく書きとめておいたものと見える。いつも汽車の窓から見るだけでまだ一度もそこへ降りたことはないが、なんしろ心をひかれる景色だ。
砂がき (旧字旧仮名) / 竹久夢二(著)
なか/\に甲斐々々しい姿ですが、さがりの煙管、これも女房をビクビクさせながらの剃刀使ひは、どう考へても器用な手つきではありません。
大人はお糸にされて、我に偽る恐れありと、長吉お駒を無二の探偵として、すこし心を休めゐしに、あひにくにも一日の事、庄太郎の留守にお糸の里方より、車を以てのわざと使ひ
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
花の土堤をその列が長く續いて行く途中で、目かづらを被つて泥濘の中を踊りながら歩いてゐる花見の群れに幾度かした。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
僕は今此港の光景を詳細しく説くことは出來ないが、其夜僕の眼に映つて今日尚ほあり/\と思ひ浮べることの出來る丈を言ふと
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)