節操みさを
『房、奥様の出る時何とか言つたかい。』と佐山銀之助は茶の間に入ると直ぐ訊た。 『今日は講習会から後藤様へ一寸廻るから少し遅くなると被仰いました。』 『飯を食せろ!』と銀之助は忌々しさうに言つて、白布の覆けてある長方形の食卓の前にドツカと坐は …
作品に特徴的な語句
まが 衣服めし くは あるい あつ ひま そつ よつ 可恐こはい 女性によせい あん 運命 ふつ 沈黙だまつ とぢ ひやゝ 帰宅かへる 一寸ちよつ よひ 通行ひとゞほり だし こゝろ きく 自家じたく 帰宅かへつ 数多いくら おり きい 一時いつとき いづ あと 先方むかふ 愛着おも 誘引いういん しい しづ もつ 懐中くわいちゆう 情夫をとこ うた ばら かん 発見めつ すき 如何いかゞ 着更きかへ すこし 不幸ふしあはせ ねがひ よそ あひだ しやく 停止たちど いや 起立たちあ やつ 如何どう 帰宅かへり つき 目的あてど 白狐びやくこ ほん 朋友ほういう あげ かゞや まつ まは 平時いつ 帰宅かへ すぎ おこ 貴様あなたさま ぶん 今日けふ ちかひ はひ ひと つひ 白布はくふ あが つもり 窮迫きゆうはく 何卒どうか