足跡あしあと
冬の長い国のことで、物蔭にはまだ雪が残つて居り、村端の溝に芹の葉一片青んではゐないが、晴れた空はそことなく霞んで、雪消の路の泥濘の処々乾きかゝつた上を、春めいた風が薄ら温かく吹いてゐた。それは明治四十年四月一日のことであつた。 新学年始業式 …
作品に特徴的な語句
わだし なは ところ 将来ゆくすゑ 機会ひやうし ちよつ むさくる ばつか おび もてあ うち むつち はづ 微笑ほほゑ いぢく ふう あつめ 機会をり 周章まごつ 彼方あつち いそが 男女をとこをんな いづ いぢ ちひさ かたはら ところ 漸々やうやう へつつひ ゆつく 怖々おづおづ 一片ひとつ こつ 食卓ちやぶだい こころ とんが 揶揄からかひ うやうや かか とど しやが つつ 精神たましひ やう たつた さま 態度やうす そつ はた まんま 扮装みなり 臥床とこ しづま 能力はたらき 加之のみならず がち つくゑ 昧爽よあけ かへつ 普通あたりまへ 老婆おばあ 反響さしひびき 可怪をかし 可笑をかし 圧迫おしつ むけ くは 横着わうぢやく 思慮かんがへ いたづ 後退あとしざ いそ 彼処あそこ 見巡みまは 弁疏いひわけ 行動しうち 角力すまふ まは 惨状みじめさ 成績でき 莞爾につこり はだ おぶ 奈何どう つま 場所ところ うづ しま 八歳やつつ せん しん
題名が同じ作品
足跡 (新字新仮名)蔵原伸二郎 (著)
足跡 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)