東京景物詩及其他とうきょうけいぶつしそのた
わかき日の饗宴を忍びてこの怪しき紺と青との 詩集を“PAN”とわが「屋上庭園」の友にささぐ 東京夜曲 公園の薄暮 ほの青き銀色の空気に、 そことなく噴水の水はしたたり、 薄明ややしばしさまかえぬほど、 ふくらなる羽毛頸巻のいろなやましく女ゆ …
作品に特徴的な語句
何処どつか うは 珈琲カウヒイ をさ 処女ヴアジン はすかひ おまへ をさ つる 物語レヂエンド 吝嗇つまし くゆり 幻影イリユージヨン 洪水こうすゐ もと せい 可笑をかしさ 吃驚たま うつ 湿しと 主婦めあるじ おど 接吻きす 内部インテリオル はぢ ひえ 郷愁ノルタルヂヤア 牛肉ビイフ かほ 終日ひもすがら 悄然しほしほ うづく 寂寥さびしみ そら なす 濁水にごりみづ しさ 接吻きつす たまし ぎり ない にほひ わらひ 微温びをん 撒水みづまき すべて 陰影ものかげ 青楼かしざしき 倦怠けだる 抱擁はうえう 高尚かうと 負傷ふしやう 尿ねう 円卓ゑんたく 円形まろがた 淑女レデイ 男女をとこをんな リイ ごゑ むらがり とほり やは ちゆう 怖気をぢけ 容態なりふり さみ 手触てさは 両手りようて ドア 小便しつこ きな くつがへ 周囲めぐり 歓喜くわんき 薄笑うすゑみ うへ 可愛かあ にほ さが 引込ひきこみ うは 薄明ツワイライト しぼ 静寂しづけさ とゞ 湿 さう しま をつと まへ しづ とぼ