“茎”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
くき77.3%
けい11.4%
じく5.7%
かう1.1%
くく1.1%
くも1.1%
ずい1.1%
モト1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は直立して三〇センチメートル内外となり、心臓状円形で葉裏帯紫色の厚いらかな全辺葉互生し、葉柄本托葉えている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
空は、チチチチとりに明けかけている。その澄みきった浅黄いろの大気の下に、草心尼の姿が一の野の花みたいに弱々と見えた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
英吉は、ここぞ、と土俵に仕切った形で、片手に花の引掴み、片手でりながら、目をぎろぎろと……ただ冴えない光で
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
倉成竜渚の歿したのは前年文化九年十二月十日で、齢は六十五であつた。名はであつたらしい。鉛字の世となつてから、経と書しと書し、諸書区々になつてゐる。は善卿、通称は善司であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
わびしかるべきだちのしもの、わけぎのぬたも蒔絵の中。惣菜もののさえ、雛の御前罷出れば、黒小袖浅葱。海のもの、山のもの。も美少年。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
らにづきて
茴香 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
そこからそれ、を噴きそうなを出して、から谷くと、鍵の穴を真黒に窪ましているじゃアありませんか。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
みつみつし久米の子等が 粟生にはひと其根がもと 其根芽つなぎて、伐ちてしやまむ(神武天皇——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)