“蜆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しじみ81.3%
しゞみ18.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜆”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本3.5%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
惣菜そうざいもののしじみさえ、雛の御前おまえ罷出まかんづれば、黒小袖くろこそで浅葱あさぎえり
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ええ。どこか探して引越しますよ」と彼は物憂ものうく答えた。「引越すとあなたからしじみもゆずって貰えなくなりますね」
黄色い日日 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
ホヽいやだよ此人このひとは、しゞみかひごとべてさ……あれさお刺身さしみをおかつこみでないよ。
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
遠江とほたふみ蜆塚しゞみづかなどはその一例いちれいで、しゞみ貝殼かひがらなどがあるので、こんながつけられたのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)