“蜆蝶”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
しゞみてふ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜆蝶”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
散歩道で。――粉碾磑こなひきうすのうへに粉とみたのは霜。その霜にひらりと、蜆蝶しゞみてふが落ちてくる…。蜆蝶と見れば、これは菩提リンデン樹のひとひら。
〔出典〕希臘十字(新字旧仮名)/高祖保(著)