眉かくしの霊まゆかくしのれい
木曾街道、奈良井の駅は、中央線起点、飯田町より一五八哩二、海抜三二〇〇尺、と言い出すより、膝栗毛を思う方が手っ取り早く行旅の情を催させる。 ここは弥次郎兵衛、喜多八が、とぼとぼと鳥居峠を越すと、日も西の山の端に傾きければ、両側の旅籠屋より、 …
作品に特徴的な語句
てまい ぱだ やど 一方ひとり 女中ねえさん 女房かかあ もん かんば わず 証拠じょうこ くら ひき がしら 一時いちどき ばら 弾丸あれ つら きらめ したじ 一所ひとつ 知合ちかづき 鉄砲あれ 銃口すぐち 七条ななすじ ひらき ことば なす 懐紙かみ 女中ねえ 小児がき おこ 前々ぜんぜん じり 旅店はたごや ぴき 正午しょううま なま はた 干菜ひば よね 洋傘かさ くれない 可哀あわれ つい ゆあ 可恐こわ ぜん わか こく どころ すさ まつ 朝飯あさ なまめ 滑稽おどけ 吸口くち ばばあ おら わき とお くう もぐ くく 正午まひる 行途ゆき かか 旅行たび 画師えかき 弾丸だま ひと ひきがえる 一齊いっせい かろ 筒袖つつッぽ つい さす 高遠たかと 手製てづくり 背負しよ ごう 実弾たま こし 大蛇だいじゃ 奇怪きっかい だれ ばあ