“段”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だん85.4%
きだ6.1%
たん4.9%
くだり1.2%
1.2%
ダン1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが一向上すると浅黄色になり、向上すると、あらゆるらいでって、ともいえぬ神々しい純白色になってる。
よわれる人の如く喘ぎつゝ師曰ひけるは、かたくとらへよ、我等はかゝるによりてかゝる大いなる惡を離れざるをえず 八二—八四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そしてその大御田族なる公民には、男には二ずつ、女には一段百二十歩ずつ、老幼に論なくことごとく公田を割り与えました。
天地の二誓約された、古典記録御覧になれば大体要領はつかめるとのことでございます。
い、美しいお方のことをおききなすって、これが時々人目にも触れるというので、自然、代官婆の目にもとまっていて、自分の容色の見劣りがするには、美しさで勝つことはできない
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
池蔵ハ此頃八度の戦〻軍功もこれあり、此頃長州ニては遊撃軍参謀(はかりごとにあづかる人)と申ものニなり、其勇気ありて諸軍をはげまし候事故、もの見のをかね一軍四百人の真先ニ進ミて