“だん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダン
語句割合
26.6%
17.5%
8.7%
8.0%
7.2%
6.1%
5.7%
3.4%
3.4%
3.0%
2.7%
1.5%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.4%
三段0.4%
大事0.4%
0.4%
0.4%
階段0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっと早く出たかったのだが、はしごの上にがんばって、となりの人の戸口の前で一日じゅううなっている大犬が、こわかったのだ。
うしてられる……一刻く、娑婆連出すために、おたらば! りるなぞは間弛ツこい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
アヽおつて少々てえ事があつて出ましたんで。書生「おたい……エヽ先生八百屋甚兵衛さんがお入来で。 ...
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
それで、うそがさえずっていたので、秀公が、じているといったんだそうだ。、なんのことかわからなかったのさ。
二少年の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
さんざんな議論も出たが、彼のくちからさいごのがそうると、とたんにみな黙って、どの顔にも悲壮な色がみなぎった。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
輿にかゝれておしろへはせつけられまして、「小島若狭守が新五郎十八歳因病気柳瀬表出張せざる也、只今籠城いたし、全忠孝
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「玉井さん、栗田さんは、どうも、旦那と、「チーハー」の島崎勇次親分とが、ぐるにちがわん、ちゅうて、かんぐっとったようですわ」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
やがて、みんなが、一となって、ペスをさがしにゆきました。そのに、さいちゃんもはいっていました。
ペスをさがしに (新字新仮名) / 小川未明(著)
じて/\、たとへかるゝとも。』と斷乎としてへた。大佐微笑びてめた。
を取る必要も何もないのだけれども、習慣的に火燵に寄かかっている。いような春雨の感じが溢れているように思われる。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
土地によって細部には少しずつの潤色はあるが、大体の筋は互いによく似ていて、つまりは一種の異郷訪問の、思い切って童話化せられたものだった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それから燃え落ちようとする家の火に手をかざして、ぐるりと並んでをとり、崩れ落ちる火のかたまりに飛びのいたり、煙に顔をそむけたり、話をしたりしている。
白痴 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
さしわたし三間ばかりにしたる高さ六七尺のき壇を雪にて作り、これに二処の上りを作る、これも雪にてする、里俗といふ。
これと毫厘寸法の違はぬ女が、昨日の午過、伯母の家の門に来て、『おのまうす、おのまうす。』と呼んだのであつた。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
先達は或るお方のお供をいたして、堀越と二人で草津へ参って、の温泉に居りましたが、彼処は山へるので車が利きません。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
はそれでも反物
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
農民一「はあ、まぁんつ、人並よりは、やったます。百刈りでば、まずおらあだり一反四なんだ、その百刈りさ、馬肥、十五豆粕一俵、硫安十貫目もやったます。」
植物医師:郷土喜劇 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
確に寺のへ上ると思って、いつの間にか——これで庭下駄で昇った女に手をかれたのでは、霧に乗った以上でしょう。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なよなよとした白縮緬、青味がかった水浅黄の蹴出しが見える、緋鹿子で年がいと——お七の処、が急で、ちらりとむのが、目につくと、をくびった白足袋で、庭下駄を穿いていました。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたしたちは三段ほど段を下りてはいってみると、それはもう屋根がふけてからのち、太陽の光がついぞ一度もさしこまなかったと思われる大きな部屋にはいった。
「葡萄酒やったら大事ないやろ」
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「聽いたよ、福井町のといふ評判のよくない浪人者が、脇差で胸を突かれて死んでゐたんだつてね。——恐しく腕の出來る浪人者だといふぢやないか、茶汲女や守りつには殺せねえよ」
渋色反古……の灰……
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
その祠の階段に腰を掛けると、此処よりは少許低目の、同じ形の西山に真面対合つた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)