“白縮緬”の読み方と例文
読み方割合
しろちりめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗近君は脱いだ両袖をぐるぐると腰へ巻き付けると共に、毛脛わる竪縞をぐいと端折って、同じく白縮緬周囲に畳み込む。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「それがさ、実に面白いではないか。白縮緬に張り合って、ああいう手合いが出るところを見ると、世はまだなかなか澆季ではないのう」
紅白縮緬組 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼は女の貴族的にへるに反して、黒紬の紋付の羽織に藍千筋秩父銘撰の袷着て、白縮緬兵児帯からず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)