“唐縮緬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうちりめん76.5%
めりんす8.8%
たうちりめん8.8%
からちりめん2.9%
モスリン2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐縮緬の袖には咲き乱れた春の花車が染め出されている。嬢やはと聞くと、さっきから昼寝と答えたきり、元の無言に帰る。
枯菊の影 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
と開いたとともに、唐縮緬友染の不断帯、格子の銘仙の羽織を着て、いつか、縁日で見たような、三ツ四ツ年紀けた姿。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大きく菊の花を染めた、派手な唐縮緬衣服を着た藤野さんの姿の交つたのは、村端の泥田に蓮華の花の咲いたよりも猶鮮やかに、私共の眼に映つたのであつた。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そ十丈もあろうかと思うほどの、裸体の人形で、腰には赤の唐縮緬の腰巻をさして下からだんだん海女の胎内に入るのです。入って見ると彼地此地に、十ヶ月の胎児の見世物がありましたよ。
江戸か東京か (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
これも後には、白か紫の唐縮緬になり、哀れなほど腰の弱い安縮緬や、羽二重絞りの猫じゃらしになったが、どんな本絞りの鹿でも、ぐいと締る下町ッ子とは、何処か肌合が違っている。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)